kakikoukai

親子で学ぶ ホタルのヒミツ

「蛍」と言えば、ゲンジボタルとヘイケボタルが有名、そのヘイケボタルは全国的にとても少なくなり、一部では「絶滅危惧種」。でも、稲沢にはわずかに自生のヘイケボタルが残っています。
ホタルの幼虫は、どんな姿?どこで何を食べているの? 
本物を見ながら「ホタルあれこれ」について学び、飼育にも挑戦してみませんか。 
(ほかに「絶滅危惧種」になってしまったメダカのお話も)


開講日:8月6日(火曜日)

開講時間:10:30~12:30

場所:祖父江の森図書館

定員:16組(小学生と保護者)

受講料:1組 800円 

講師 :樋江井光二・山内晴雄

(NPO法人祖父江のホタルを守る会)

持ち物:筆記用具


・1組に子ども2名で申込みの場合、2組分の受講料をいただきます。
・1組に子ども1名、親2名で申込みの場合、1組分の受講料をいただきます。
・託児はありません
・未就学児の付き添いは出来ません。
・お申し込み後、確認の連絡をし、受講決定後に受講票をお送りします。
・受講者が一定の人数に達しない場合は、講座を中止することがあります。
・お申し込み後、キャンセルされる場合は、必ずご連絡ください。