季節と暮らしを結び わたしを楽しむ

 

 

二十四節気/清明 2020.4.4~

         穀雨 2020.4.19~


 桜の花も満開を迎え、草花、生き物も生き生きと活動的になってきました。雨に濡れた木々の葉は、色鮮やかに清らかに見えます。
 そして、その雨の恵みは、穀物をうるおし、豊かな作物を実らせてくれます。

春の苦み

 暖かい日が多くなり、縮こまった体もそろそろほぐれるころですね。
 「春の皿には苦味を盛れ」ということわざがあります。
 冬眠から覚めたクマは、まず一口目に「ふきのとう」を食べるといわれています。
 苦み成分の効果で体を春へと目覚めさせるのですね。

 山菜、春野菜、これらにある独特の苦味は、体にたまった老廃物を排出する働きを持っています。
 春の食卓に、旬の食材を並べ、それらを取り入れながら、季節の始まりを感じましょう。

 みんなが集まって輪になれる日がくることを願っています。

 

 

 

レシピ動画

 

 

こめこケークサクレ

 

足立学園総合研究所

 

チーズごはん

 

足立学園総合研究所

 

チキンライス

 

足立学園総合研究所

 

カレーピラフ

 

足立学園総合研究所

 

ツナご飯

 

足立学園総合研究所