今年も平和町の桜を楽しみに!

今年も食物栄養専攻の学生が桜を使ったレシピで平和町の街づくりに参加。

女子大生ならではの「マフィン」「スコーン」「レアチーズケーキ」「シフォンケーキ」を提案。お花見の季節には地元の皆さんが販売してくださるとのこと。昨年から指導にあたる有尾准教授からは、毎年取り組んでいきたいとのコメントです。

コロナ禍にあって我慢が続く毎日ですが、春はやってきます。

桜は毎年のように咲いて、きっと私たちに笑顔を届けてくれます。

学生たちの笑顔も一緒に届きますように、もうしばらくお待ちください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 定員に達しましたので受付を終了いたしました。 稲沢市荻須美術館・愛知文教女子短期大学 足立学園…
  2. 秋になり、皆さまのゆとりある時間、豊かな時間をご提供できればと、秋講座の開催を決定いたしました。 …
ページ上部へ戻る