SDGsってなに?身近から考えると未来はきっと見えてくる。

イギリスのタイムズ社が発表した「THE大学インパクトランキング2019」によると、

世界の大学の中で、SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)の枠組みを通じて最も社会貢献している大学は、

オークランド大学(ニュージーランド)であることがわかりました。

2位はマクマスター大学(カナダ)、3位はブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)と続きます。

日本の大学では、京都大学が最も高い48位で、東京大学(52位)と慶応義塾大学(91位)の3校が100位以内にランクインしました。

日本の大学や世界の大学では、SDGsの枠組みを通じてどのような社会貢献をしているのでしょうか。

「THE大学インパクトランキング2019」の集計結果から見ていきましょう。

 

「THE大学インパクトランキング2019」のランキングの対象は11の開発目標

「THE大学インパクトランキング2019」は、SDGsの17の開発目標のうち、

大学と関係のある11の開発目標についてランキングしたものです。ランキングの対象になった11の開発目標は次の通りです。

  • 目標3.すべての人に健康と福祉を
  • 目標4.質の高い教育をみんなに
  • 目標5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 目標8.働きがいも経済成長も
  • 目標9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 目標10.人や国の不平等をなくそう
  • 目標11.住み続けられるまちづくりを
  • 目標12.つくる責任 つかう責任
  • 目標13.気候変動に具体的な対策を
  • 目標16.平和と公正をすべての人に
  • 目標17.パートナーシップで目標を達成しよう

(引用元)

当研究所も積極的にSDGsに参画し、持続可能な社会の実現に向け邁進してまいります。

 

adachi総合研究所事務局

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 新型コロナウイルスの拡大により春講座(5月~7月)の研究所の講座は「全て中止」とさせていただきます。…
ページ上部へ戻る